スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

5月 3, 2017の投稿を表示しています

最近のお仕事〜Cielo Cross Classic編〜

今回は、、、
またしてもCielo Cross Classic。
リアエンドの造形を見ると、先日のものより1世代前のモデルであることが解りますね。

トップチューブは凹み、塗装は傷つき納車した際の輝きは何処へ。
レースの過酷さと共に、このぐらい使い込んだ方が、魅力的に感じます。

チェーン、ワイヤーといった消耗品の交換だけでなく、車輪の振れ取りや
フレーム、フォークのサビ落としも行います。

ハンドルバーは指名のかかることの増えたFizik。
コンパクトリーチで扱いやすく、トップバーがシェイプされておらず
捻りに対して強いのがその理由でしょう。

元々付いていたハンドルバーは、、、
左側はこのような具合に。カーボン素材で無くて良かったといったところでしょう。

...&Bicycle