スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

3月 13, 2017の投稿を表示しています

Cannondale(アルミ) から Felt(カーボン)へ。

みなさん覚えていらっしゃいますでしょうか。

 スケルトンになったCanonndaleを。

コンポーネントの載せ替え先に選んだのはこちら。
 FELT AR1。
エアロロードの名の通り、フレーム、フォークの造形の至る所を
"空力"に配慮しています。

ワイヤー類は全てインターナル。リアブレーキはダイレクトマウント式。

FD、RD、リアブレーキはULTEGRAへ。ゆくゆくはSTI、クランク、
フロントブレーキもアップグレードされるとの事。

ただでさえ軽いフレームですが、クラウンレースはフォークコラム一体式と、
カーボンの造形の自由度、そして強度を存分に活かしています。

今回はご自宅に置けるのは1台だけ、という方のご依頼で作業を行いました。

この方法であれば、お手持ちの部品、車輪などを有効に活用し、台数を増やさず
更に費用も抑える事ができます。
尚、フレームによっては互換性のない部品も様々ありますので、
まずは店頭にてご相談いただく事をオススメします。

...&Bicycle