スキップしてメイン コンテンツに移動

飯山CX2DAYS

11/11,12は信州CX 飯山ラウンドへ参加。
数年前に全日本選手権も開催された、脚力と技術が高いレベルで必要な難コース。

通常は土曜日のナイタークロス、日曜日のデイクロス?の2日開催なのもユニークな点。
どちらか1レースにかけるも良いですが、ここは是非とも2レース走ってきっちりと
成績を残すのがレーサーというもの。

快晴、無風の試走とは違い、、、
レース直前からは雨、風、雨の中の厳しいコンディション下に。
取ってはいけない4位を取り、宿で移動。
ノンビリする間もなく、翌日のレースのために洗濯。
 こんな時もGIRO EMPIREは乾きも早く、翌朝には快適に使える状態に。

2レース目に臨みます。JCX対象のためか、CMも人数は多め。
こちらの2枚は Photo by Y.Omata。
競り合いを楽しみつつ、順位を念頭にミスの少ない走りを心がけ、
CM1の残留チケット2枚目を手堅く確保。
C1 森は重馬場のコース、優勝した沢田選手の速いペースに苦戦。
Speedvagen中里選手は毎周回のピットイン、バイク交換により
トラブルを起こすこともなく9位完走。頑張ってサポートした甲斐があります。




一見、遊びに行ったようにも見えるレース参戦ですが、
取り扱い商品の性能チェックも忘れずに行っています。

まずは、Showers Passのソフトシェルパンツ。
撥水加工を施したソフトシェル素材は悪天候の中の試走でレースウェアを
汚すこともなく、寒さによる体力の消耗も防いでくれました。
当然、C1で走るSpeedvagen中里選手のピットワークにも大活躍。
外せない一品です。


 同じくShowers Passのメリノアンダー。程よく体にフィットし、体の動きを
妨げない柔らかい素材。
肌当たりも優しく、とても着心地の良いウェアです。
 袖先はサムホールが配置され、袖口からの冷気の侵入を防ぎます。

左上のスパイクピン、今回は滑りやすい路面を担いでのランニングが多かったですが、
斜面でもしっかりと食いつき、滑り落ちる事は皆無。
右上のShowers Passの防水ソックス。スタートからゴールまで足を濡らすことなく
レースに集中する事ができたのは、このソックスのお陰でしょう。
防水だけでなく、防寒、保温の効果が期待できます。
そして手前の45NRTHのサーモインソール。やや厚手のインソールは地面から
伝わる冷気をシャットアウトします。

といったように、寒い地域、季節のレースではバイク操作や身体能力以外にも
体温を確保し身体が冷えることを防ぐ工夫がとても重要です。

...&Bicycle

このブログの人気の投稿

NEW BIKE DAY 〜OPEN CYCLE Rapha Special編〜

本日はこちら。

"OPEN CYCLE"
のグラベルロード"U.P"。スルーアクスル、ディスクブレーキと今時の仕様。 車輪は700CX40Cや650BX2.1に対応とこの一台で舗装路、未舗装路、 乗り手のスキルにもよりますが、シングルトラックまで幅広く対応しています。
しかも。 Raphaのロゴ入り。








...&Bicycle

最近のお仕事〜KUALIS CYCLES編〜

今回はこちら。
KUALIS CYCLESのスチールディスク CXです。新車、ではなく再塗装したもの。
オーダーしていただいたのは2012年。

今回は、ただ再塗装したのではなく、フロントフォークをPARLEEに交換し
スルーアクスル&フラットマウントに。
 チェーンステー、シートステーを差し替え、こちらもスルーアクスル&フラットマウントへ。

 STIはDURA ACEの9170。油圧ディスク&Di2仕様へ。
 カスタムペイントに目を奪われますが、、、
 右上にチラリと見える、XTRのインジケーター。

便利なもので、iPhoneやiPadに専用のアプリをダウンロードし、、、
ブルートゥース経由でファームウェアのアップデートや
 操作を好みの内容に書き換えることができるようになっています。とても便利。
ちなみに、PARLEEのフォークに至っては、クラウンレースがフォーク側に 用意されているために不要。軽量化にも繋がっています。
組み付けるのが簡単になったように見えますが、
一手間、二手間かける必要があ理、まだまだ自転車屋のやる事は多いです。

今回のような作業やフレームの芯をチェックするのは5〜6年前後で
行うことが多いですね。そろそろ、とお考えの方はまずご相談を。

...&Bicycle

新着情報〜ALEXRIMS ホイール〜

長らく欠品していました、ALEXRIMSの完組車輪が入荷しました。

まずディスクブレーキ向けの定番CXD4。重量は前後で1,530g前後。
エアロスポークで捻れに対する強さにも配慮した組み方ですね。
そして12mmスルーアクスルにも対応する小物も標準装備、価格は¥46,000(税抜)。
しかも、チューブレスレディ。

ホイールのアップグレードを考えている方やレースでもう1ペアホイールが必要と
考えている方にも十分に使っていただけます。
私も使用して2シーズン目に入りますが、何かと重宝しています。

そしてもう一つ、ALX473 EVO。こちらはALX473をアップグレードしたモデル。
ハブフランジを大径化し、弱点であった捻れ剛性の低さを解消したもの。
重量は約1,450g。価格は¥47,000(税抜)とこちらもレースに使ってよし、
トレーニング向けに使うもよし。こちらもチューブレスレディ。

代理店がスモールパーツをきちんと揃えていることも、大事な点ですね。
どちらも少量の入荷です。

...&Bicycle