2016年9月6日火曜日

最近のお仕事〜2016.09.06〜

早くも鈴虫の鳴き声が聞こえてくるようになりました、、、早すぎ?

今回はこちらの整備を行いました。
CieloのCrossClassic。ディスクブレーキ、PFBB化を押し進めるCieloにあっては
カタログから無くなってしまったモデル。

大変、残念ですね。
ちなみに、フレーム&フォーク、サイズ51は当店にて新しい乗り手のご指名を
待ちわびております。
レース用途だけでなく、ロードレーサーでは気軽に入り込んでいけないような
場所へ走りに行きたい。
そんな思いがある方に適したモデルです。
 KUALISのSS仕様も。


Cieloに話を戻しますが、シクロクロスシーズン開幕前にメンテナンス、
機材の交換のご相談。
 ワイヤー、チェーン、バーテープの交換、車輪のメンテナンスを実施。
クランク、ヘッドセット周りにフレームの状態も確認します。
合わせて、
サドルとシートピラーを交換。
シートピラーは強度が高く、軽量。かつ調整が行いやすいTHOMSON。
サドルはFizikのANTARESを選択。旧型を選ぶのがツウですね。
後端が尖っていないため乗り降りの多いシクロクロスで脚を引っ掛ける事も少なく、
フラットな座面はスムーズな乗車を約束してくれることでしょう。

旧モデルではありますが、取り扱い元には未だ在庫が残っているようですので、
手に入る今が良い機会です。

効率の良い機材かお尻との相性かと悩みますが、競技時間30分〜55分のレース時間。
どちらを選択するかは明白かと。

よくメンテナンスの間隔についての相談をいただきますが、シクロクロスの場合は
シーズン前後、悪いコンディションのレースを走った後に行うことをお勧めします。
長くとも1年毎に行うのが良いでしょう。


...&Bicycle