2016年8月12日金曜日

新着情報〜2016.8.12〜

お盆休みに入っているようですが、お盆らしい事、といえば先日墓参りに
行ってきまして。
いつまでも変わらない風景というものは良いものです。


お盆を過ぎると気の早い私が気になってくるのは次のCXシーズン。
2016/9/25〜茨城、東海で開幕を迎えます。

早いですねー。

準備は早め早めにという事で、私の勧める用品を何点か。
まずはSHIMANOのブレーキシュー。
ロード向けの最新型はR55C4ですが、R55C+1というモデルが密かに用意されています。
ソフトコンパウンドを採用し、リムへの攻撃性を軽減かつレバーのタッチも
自然な感触になっています。

そしてKOOL STOPのブレーキシューはシビアコンディション向けのものを
ご用意しております。


続いては
 ボトルケージ固定用のボルト。左の標準的な形状に対して右側は頭の形状が
低くなっています。
本来はボトルの抜き差しによる引っかかりやボトル本体の傷を避けるものです。
担ぐ機会のあるシクロクロスでは、ジャージの引っかかりや担ぎ損ねた時に
体へぶつけた時のダメージを避ける事も出来ます。

脇腹をぶつけると結構、痛いんですよね。
 トルクスで固定力も高めです。

フルフィンガーグローブも各種用意。
短い競技時間に合わせて、手のひらのパッドの無い、または少ないものを
揃えております。防寒だけでなく、繊細な操作を実現するためには必須です。

続いてはタイヤ。コースやコンディションに合わせて変えるのは空気圧だけではなく。
 芝、砂、舗装の多いときはセミスリックタイプを。


 悩みたくない方には定番のGRIFOパターンを。

 ホワイトカラーも用意しています。


 泥の割合が増えた場合はBABY LIMUSを選ぶととても幸せになれることでしょう。
低めのセンターノブ、コーナーでもしっかりと食いついてくれるサイドノブは
持ってて安心の1本。LIMUSは不要かなぁ。

タイヤの回転方向を変えるのも一つの手です。


上位カテゴリーを走らない場合は、UCIルールを気にせず
 simworksのTHE HOMAGEシリーズ。43Cのタイヤボリュームは
パンクの率も軽減するだけでなく細かいギャップに神経質になることも
少なくなるでしょう。

チューブラーモデルでは八ヶ岳バイシクルスタジオのFMB限定版もございます。


タイヤを新調するだけでなく、特にチューブラータイヤは定期メンテナンスを忘れずに。
 リムサイドのAQUASUREは再塗布が必要ですし、パンク防止のシーラント剤も
少量追加することをお勧めします。

新しいシューズが必要!という方には
 安心のシューレースタイプを選ぶと良いです。
バックルの破損、ベルクロの劣化からの解放。

メンテナンスには洗車時の泥離れや泡切れがよく、フレーム、パーツへの
攻撃性の低いWAKO'sのAQUA M。
その洗車時の手間を省くためにも、ガラスコーティングも忘れずに。


寒い時期にはウォームアップの必需品、ローラー台。
 冬場になると欠品になることも多い、FEEDBACK SPORTSのBIKE Trainer。
使わない時や移動時には付属のバッグに収納すれば、こんなにコンパクトに。
車での移動も多い遠征時、荷物の積載に悩むことも多いですが、
このローラー台があれば、スペースを有効に活用できることでしょう。


...&Bicycle