スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

7月 5, 2016の投稿を表示しています

ホイールメンテナンスDAY

よくメンテナンス、オーバーホールと記事にしますが、
フレーム、コンポーネントだけでなく、
ホイールの振れとりやハブの清掃、グリスアップも合わせて行います。
 本日はCHRIS KINGのホイールを触っています。
特徴のあるシステム、リングドライブの弱点の一つは、内部の汚れ。
放置して汚れが溜まると、踏んだ時の"かかり"がワンテンポ遅れます。
すっぽ抜けたような感じですかね。

手組み、完組み、価格帯にかかわらず、定期メンテナンスは欠かさずに。

手組みホイールをご用意することの多い...&Bicycle。
すぐに組むことのできるリムをご紹介しておきます。
 AMBROSIO EXCELLIGHT。700Cクリンチャーリムの定番品ですが、
最近は価格も上昇し、気軽に入手することも難しくなってきました。
 続いてはStan's notubesのCREST。27.5inchリム。強度と重量からみて
MTBのトレイルライドに最適ですね

以降は700Cモデルが続きます。
 VELOCITYのMAJOR TOM。チューブラータイプ。ワイドリムを採用し
あと2か月もすると始まるシクロクロスタイヤと相性が良いです。

ディスクブレーキを搭載したロードレーサー、グラベルロードにおすすめの
Stan's notubes ALPHA400に
 シクロクロスにはIRON CROSSを。こちらはリム重量が360gほどと
軽いホイールを組むための必需品。チューブレスレディ。

そしてMAVICのREFLEX。
 ブレーキ面を強化したCDモデル。

DTは重量と強度面から見ても良い車輪が組みやすいですね。
このRR440など、後輪はアシンメトリックモデルを選び、スポーク長の左右差を
少なくするのが良いでしょう。
このDTのみ諸事情により、割引にて提供いたします。

完組車輪が手っ取り早くて良いとも言えますが、リム、ハブ、スポークの
組み合わせや、乗り手の使い方に合わせてスポークの編み方や張りを任意に
設定しやすいので、"より"扱いやすい車輪が用意できるのが利点かと。

組み合わせるスポークはDTが多いですが、WheelSmith、SAPIMやHOSHI、
珍しいところではPhilwoodにPILLARなど。
丸スポークに限らずエアロスポークでのホイ…