2016年5月10日火曜日

最近のお仕事

...&Bicycleは自転車屋です。

当店ではフルオーダーといって用途や体格に合わせて自転車を
1から作るお手伝いをしたり、
フレームの状態から部品を組み合わせて完成した状態にする事が
大きな割合を占めています。

もちろん、それだけでは済まないのも確かです。

壊れた部品の交換に。
乗り方、体力の変化に伴う部品の交換の相談。
名車zulloはコンパクトクランク(50X34)をスーパーコンパクト(46X30)、
クランク長も2.5mm短いものへ。

問題が一つ。
直付け台座の調整幅を超えたためにFDが十分に下げられず、変速が
もたつくというもの。
変速するだけでも大したものですが、FD-CX70に変更することで
羽根とチェーンリングの形状が近づくため、問題解決と。


更には一般車の整備、修理も承っております。

BB軸。中心から端までの長さが左右で異なるので注意ですね。

ひとつひとつ検証していくと発見も多く、面白いですね。

というような作業や相談も多くあります。
大切な一台、何とか快適に乗ることができるようにしたいものです。



...&Bicycle

Porcelain Rocket 新作のご紹介

Porclain Rocket、といえばバイクパッキングのジャンルで確固たる地位を
築いている良ブランド。

中でも
のような容量可変のサドルバッグが人気の一品。


今回は新たにフレームバッグ、Universal Partial Frame Bagが追加されました。




バックパック、ハンドルバーバッグ、サドルバッグ、パニアバッグなど
様々な積載方法がありますが、積載物が増えるに伴い、バイクコントロールに
少なからず影響が出てくるのも確か。
ダンシングで自転車を左右に振ったときやコーナリングなどなど、、、

フレーム内側に配置することでハンドリングの影響が少なく、
更にこのタイプではボトルケージを外すことなく、
貴重なスペースを有効に活用できます。


 更に価格は抑えめの¥11,000と使い心地や作り、素材を考えると十分。

サイズは
Small – 12cm x 40cm x 5cm
Medium – 14cm x 49cm x 5cm
Large – 16cm x 51cm x 5cm

といったように細かく分かれておりますので、乗られる自転車のフレーム内側の
サイズを計測し、選択していただければ確実です。


...&Bicycle

最近のお仕事

まずはSURLYのLONG HAUL TRACKERが2台。




オーストラリアから遊びに来ている建築家のカップル。
これから3か月の間、日本を走り回りたいとの事で指名がかかりまして。
SURLY純正のNICE RACKを装備してツーリングにもってこい。

丈夫さと多目的に使うことを考えると、やっぱりSURLYになるんでしょうね。


続いては
実用車。ブランドはZEBRA。
ロッド式ブレーキ、郵便局の配達のアルバイトで使った記憶がよみがえります。

ブレーキ調整、グリスアップなどの基本的な整備と
こちらの砲弾型ライトの取り付けが作業内容。

なかなか触る機会もありませんでしたので、とても良い勉強になりました。

...&Bicycle