2016年4月21日木曜日

最近のお仕事〜TONIC FABRICATION編〜

今回はこちら。
TONIC FABRICATIONのCX。
オーソドックスなカンティブレーキモデル。

今回の乗り手は1シーズンを手持ちのMTBをドロップハンドル装備などの
CX仕様で走っていた方。
次シーズンを見据え、本格的な1台を用意したと。

見た目は大人しいですが、ヘッドチューブ周り、モノステーを採用など
細部の作り込みはとても良く考えられています。








完成車、フレーム問わず、フレームの仕様確認は念入りに。

アウター受けの位置、向き一つ取っても組み付け、実際に乗車、使用時を
想定しているか否かがハッキリと分かります。
CX,MTBに於いては特に要注意ですね。

...&Bicycle