スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

6月, 2016の投稿を表示しています

新着情報〜2016.06.23〜

梅雨入りしてからというもの、すごく暑い日が続いたり雨で肌寒い日が 入れ替わり立ち替わり。
どうか体調管理には十分な配慮を。
さて、新着のお知らせです。 今年は日本におけるバイクパッキングの再流行の年?なのでしょうか。
ハンドルバー、フレーム、サドルバッグ其々で容量の大きいモデルの
発表が続きます。

PORCELAIN ROCKETのフレームバッグ、控えめのカモフラージュ柄で
合わせやすくなっています。素材、ジッパーともに防水に十分な配慮を
施したもの。
私も使用していますが、出しいれの機会の多いお財布やロックなどを
入れるのが良いようです。
サイズはS,M,Lとありますので、どのサイズがお乗りのバイクにフィットするのか
店頭にてお試しください。

続いては
DT350、センターロックディスクハブが入荷。
28H、シマノフリーで11Sも使用できます。

年に何回入ってくるのだろうか?なので気になる方はお早めに。

オススメの組み合わせは
 ALEXRIMS CX30を組み合わせ、シクロクロスのレースからロングライドまで
対応させるのが良いでしょう。

 よりレース志向にとお考えの方は
 A-CLASS CXD4をお勧めします。
チューブレスレディ、シマノフリー11S対応。

ハブ前後ともにシールドベアリングを4個ずつ配置し、悪コンディションにも
気にすることなく使うことができます。
用途に合わせ、お好みのホイールを選んでください。

新着情報とは離れますが、 お客様からのS.O.Sを受けて急遽、出張修理へ。
お店の仕入れに使っているために荷物を多く積みたいこと、
片側スタンドでは心許ないということでリアラック、両立スタンドを取り付け。

積載量もアップ、駐車時に自立する安心感と言ったら。

定休日の水曜日は、距離や時間は少なくともなるべく走るように心がけています。
毎年訪れている朝綿原の紫陽花はというと、、、
もう数日すると一気に見ごろを迎えることでしょう。
...&Bicycle

最近のお仕事〜フェンダー取り付け〜

今回はスチール製シクロクロス車へのフェンダー取り付け。







梅雨時期に濡れる、汚れるといったストレスが少なく自転車に乗るためには必須。
簡易、ハーフフェンダーも良いですが、ここはひとつ、フルフェンダーをお勧めします。

様々な種類の自転車、フェンダー。
組み合わせは無数であり、これをやっておけば正解、というものはありません。
How to本もありますが、実際に自らの手を動かすと?マークも多いものです。
取り付ける側との知恵比べ。

私自身、まだまだ勉強することは多いのですが、今まで得た経験や知識を
後に続く方達に引き継ぎたいものです。

...&Bicycle

特価のご案内〜FULCRUM RACING ZERO NITE WO〜

特価のご案内です。

FULCRUMのロードホイールのトップモデル、RACING ZERO NITE WOを
お買い得な価格にて提供いたします。
(ホイールバッグ付き)


ロードレースで使用できる剛性を確保しつつ、重量は1,400gほどと
オールラウンドに用いることができます。
さらにリムサイドにプラズマ電解酸化処理を施す(難しいことはよくわかりませんけど)ことで
様々なコンディション下での使用時にブレーキ性能がほとんど変わることが
無くなっております。

シマノ、カンパニョーロ用どちらも対象となっております。
お取り寄せのみとなりますが、この機会にご検討ください。

詳細は店頭にて。


...&Bicycle

新着情報〜2016.06.11〜

GIROよりグローブが入荷。
ヘルメット、シューズ類が先行しておりましたが、間もなくソックス類も
入荷の見込みです。
トップモデルのLXはレザー製で使うほどに馴染みが増し、
最初からフィット感に優れるZEROⅡはロードレース等に。
一押しのメリノウール製のHOXTONと満遍なくご用意しております。

何れもパッド量は少なめですが、ロングライドにも十分に使用できます。

SRAMからはGARMIN用のマウントが。
3,000円〜5,000円近いものまでと不思議と価格差の大きい、このアクセサリー。
こちらは3,000円足らずで入手できます。

そして最後は日焼け止め&クレンジングオイル。
アグレッシブデザインby wako'sと、ケミカル分野でのノウハウが豊富な
和光ケミカル謹製。

発汗量の増えるこれからの季節、汗に容易に流されることなく
日焼けから身体を守ってくれる事でしょう。
日焼け止め独特の香りの少ない事や白浮きしにくい事。そして塗り直しの
回数もないために経済的です。

ぜひお試しを。


...&Bicycle

お知らせ〜KUALIS CYCLESお引越し〜

KUALIS CYCLES

Level、Seven Cyclesでの十分すぎるほどのフレームビルディングを経て
2012年にデビューしたフレームブランド。

...&Bicycleの開業も同じ年。長くお付き合いさせていただいております。
 CXではDisc、シングルスピード仕様で安定して好結果を残す事が出来、
Road RacerではSTRAVAのPBを更新することもしばしば。若い方との
トレーニングやグラベルを含む長距離のライドまで私を支えてくれます。

私はもう体力も下がり気味ですので、KUALISのフレームで助けられた事は
挙げたらきりがありません。


そのKUALIS、この秋より国内は和歌山に拠点を移しての再始動となります。
輸送にかかる費用や日数が幾分か下がるのは大変良いことです。

新しい価格が発表されましたので、その一部だけお知らせしておきます。

Ti Road Racer ¥440,000-
Hi-End Steel Road Racer ¥210,000-
KAISEI(8630R) Road Racer ¥185,000-

*消費税、シッピング代、塗装代別途。
*材料費の変動などにより、価格変更をする場合があります。
*ENVE fork, SP clamp, CK headset 含む。
*CX、Disc Road、MTN、フレームオプションにより柔軟に対応いたします。

尚、新規オーダーについては7月〜となっております。
という事は、今のうちに店頭にて採寸を済ませ、オーダー開始とともに
オーダーシートを投げるのがスムーズで宜しいかと。
...&Bicycle

新着情報〜2016.06.09〜

SMITHから新しいアクセサリー類が入荷してきました。

まずはヘルメット。OVERTAKE。ボリュームがあるように見えますが、
250gとまずまずの軽さ。
蜂の巣状に配置したポリマー素材により高い衝撃吸収と空冷を両立しており、
盛夏でも蒸れることが少なく使えることでしょう。
サイズ調整はダイヤルで無段階に行えます。
また、全体高を抑えたロープロファイル形状、
後頭部までしっかりカバーした形状と装着した時の安心感は特別。

続いてはサングラス。今回はどのモデルも一回り小ぶりな
ミディアムサイズをセレクトしています。

まずはAPPROACH。
クリアーレンズ、薄いピンクのイグナイターレンズ、グリーンミラーレンズの
3種を装備。
用途、使用時間に合わせてお好みのものを選択できます。

ツルが短めのRHYTHM。女性、小柄な方にとてもオススメです。
 こちらは薄いブルーミラーレンズ、クリアーレンズを装備。

2016年の新作はTAKE FIVE SPORTS。
 もともとはフィッシングモデルだったものですが、さらに動きの激しい
スポーツにも対応できるようにアップグレード。
ノーズパッド、ツル部分のラバーともに滑りにくいものを採用。
こちらはチタニウムレンズを採用。少しだけ暗めのミラーレンズです。

そして定番のLOWDOWN。
薄いグレーがかったグリーンレンズを使用し、1日中使うことができます。


サングラスのレンズで何を使えば良いのか?と相談を受ける機会も増えてきました。
メーカーによって用意しているレンズの種類は様々ですので、悩む方も多いようです。

私のオススメは、①クリアー②薄いピンク③可視光線透過率の高めのミラーです。

理由は朝から晩までかけ、様々な状況(暗いトンネル、森林)を走りストレスが少ない事、
目の動きを他者に解りやすくする事。
レンズを通して見た風景の色の変化が少ない事、目が疲れない事。

SMITHの場合は別売りでレンズを各種ご用意していますので、
用途に合わせてお好きなものを選んでいただけます。

イグナイター(薄いピンク)、HYDE(ごく薄いグレー)、クリアーが
満遍なく使用できるかと。
イグナイター、HYDEは路面の凸凹も把握しやすく、使って損はしません。

...&Bicycle


最近のお仕事〜2016.06.06〜

6月に入ってから、新しい自転車、パーツ類を購入される方が増えてきたようです。
やはり、ボーナス時期なのでしょうかねぇ。
気候とは別に、季節を感じる瞬間です。

まずはこちら。
DAHONのBoard walk D7。折りたたみも可能なモデルにフロントバスケットを追加。
慣れるとそれほど時間がかからずコンパクトになりますので、車載、輪行の際に
便利ですね。

続いては、先日お渡ししたSURLY OGRE。
 大変気に入っていただいたようで、こちらも早速カスタムのご依頼。
 GAMOHのフロントラックを装備して、積載量UP。

先日、取り扱いを始めたカーボンリム。
私用ですが、早速組んでみました。シクロクロス向けです。
さして軽量でないディスクハブ、32H、DTのプレーンスポークを使用しましたが、
フロント650g、リア840gと意外と軽量に。

ホール数、スポークの組み合わせによってはもっと軽くできますね。
ロード用のハブを組み合わせたら、一体どこまで軽くなるのでしょうか。
ちょっとワクワクしてきます。

重量、剛性だけでなく、何と言ってもニップルが外に出ていること。
チューブラータイプでも簡単に振れ取りができます。

...&Bicycle