2015年1月26日月曜日

最近のお仕事

最初の冬、その次の冬と比べても、仕事の量が増えているのを感じます。

今回もCHRIS KINGでホイール組みの依頼。
CHRIS KING、スポークはsapimのcx-rayと同じ組み合わせですが、
対照的なのはリム。
velocityのアルミと、もう一組はenveのカーボン。

velocityはロードだけでなく、シクロクロス用途に。
enveはロード、ヒルクライムが主用途。
目的は異なりますが、リム、スポーク、編み方などの
要望に細かく応じる事ができるのが、手組みホイールの
魅力のひとつだと思います。

さて、続いては。
 クランク(&ペダル)レスののキッズバイクでお馴染みのearly rider。
このようなアルミフレームの用意もあったりします。

なんと言っても軽量なことに驚きます。

細部をチェックしてみると。
 ベルトドライブ!
 フロントフリー!!
 ヘッドセットはCHRIS KINGに交換、mini-Vブレーキはpaul componentsさんに
交換したくなりますね。

色々と遊び甲斐のあるモデルになりそうですねー。


...&Bicycle