スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

1月 10, 2014の投稿を表示しています

The great whys of "SingleSpeed"

何故にSingleSpeedに乗るのか?

MTBやシクロクロスの会場で今でも聞かれる質問です。

その昔、王滝にCXのSSで出てみたり、24HMTBレースをMTBのSSでソロで
走ってきました。
理由を挙げたらキリがないが、"軽い"、"トラブルフリー"、"シンプル"
とベタに返していたような。

変速出来ないし、特別軽いわけでもないし、何と不便な乗り物だろうか!
と思う時も多々ある。

では、何が面白いのか。例えば、シクロクロス。
関西、信州が盛んだが、近年は関東でも開催地が増えてきた。
当然シングル向きのコース、シングル向きでないコースがある。

開催地によってコースが変わるが、コースを"読む"というのが非常に面白い。
この"読む"というのは、試走してラインやコンディション、タイヤの空気圧を
チェックするのとは違い、ギア比を決めるための"読む"という行為。

スタートすれば、そのギア比で走りきらねばならない。
コースレイアウト、コンディション、体調を考慮して。
重すぎればシンドイだけだし、軽すぎればモドカしい思いをするだけ。
そんな思いは、できることなら避けたい。


※まずはシングル向きの4コースを紹介します。
 ここから先は各地のコースを知らないと
 ピンとこない話になりますが、、、

■GPミストラル
 埼玉は吉見町で行われるコースは
 "ド"平坦。ギア比を決定すのは、比較的簡単。
 2.35〜2.45くらいのギア比をセットして、あとは体調、コース、
 強く走りたいセクション、我慢するセクションをどこにセットするかで決めます。
 38X16を多用していたと思います。コンディション、体調悪い時に38X17を。

■信州シクロクロス 野辺山。
 日本最高地点?で行われるイベント。
 UCIレースも行われるので、観戦だけでも良いので、是非とも訪れて欲しい。
 舗装路の登り、泥、ジェットコースターのようなバギーコース、芝、
 フライオーバーと楽しめる要素が全て盛り込まれているといっても良い。
 このコースもシングル向き。

 実際、私が走ったM2クラスでは、初日3位、2日目5位と好結果。
 初日には首位を走る時間帯もあったりと。

 実は明確な理由…