2014年1月5日日曜日

曲がらずにはいられない

まずはコチラ。
ピンぼけですみません、、、片付け途中であったので、バックが散らかっていて
合わせてすみません。スチールフレームですが、落車に巻き込まれて
このような状態になったとの事。
アルミ、カーボンなどであれば、それ自体が折れてしまっているでしょうね。

右側に倒れなければ良いですが、そう都合良く倒れてもいられない。
立てかけておいたバイクが倒れても、曲がってしまうもの。
そう、曲がらずにはいられないんです。

専用の工具を使用して、エンドを修正していきます。
ちょっと違いますね。
こんな風にならないかという願望が出てしまいました。


ということで、無事に作業を終えました。
スチールの粘りというか、しなやかさを感じる貴重な瞬間でもあります。
止むを得ずアルミ製のリプレーサブルエンドを修正する事もありますが、
感触が解らず、いつ折れてもおかしくないなとヒヤヒヤします。

シフト操作に問題の無い事を確認し、無事に終了。

まぁ、無事に治って良かった良かった。怪我も無くて良かった良かった。


…&Bicycle