2013年10月20日日曜日

Sunday morning ride.

私は自転車で外を走る事が大好きです。

今日は朝から生憎の天気。


体調と天候を比較して、素早く60分のコースをイメージしてみる。
ま、問題ないだろうとイソイソと着替え、バイクに跨がる。

こんな日はフェンダーを装着したバイクとRaphaのRainJacketを使うに限る。
そして今日は楽しみにしていたMerinoGloveを初投入する日でもある。
いつもより、少しテンションが上がる。
走り出した雰囲気で120分のコースに変更する。
何と言ってもこんな日に走る事が出来るのは年に何回もない。

しばらくは路面の状況や風、そして新しい製品の事を考えながら。
このグローブは非常に良い製品だと思う。握りやすさと、濡れても
冷えにくいメリノウールの特徴が生かされている。
何と言っても装着したままスマートフォンが操作出来る。

ちなみに別のメーカーのゴアテックスのオーバーソックスは15分で浸水した。最悪。


経営の事や色々と頭を悩ませる事について考えながら山間部へ入り込む。

やがてはそんな事も意識の彼方に追いやってしまう。

ハッとするような風景に出会い、写真を撮ろうかと足を着く。
が、その瞬間はもう過去の話であって、撮影する瞬間ではない。
記憶に残せば良いと思い直して再びペダルを踏み込む。


 雨は更に激しさを増し、風も強くなってきた。

いいじゃない。
更に深く集中する。

雨がウェアを叩く音、賑やかな風の音も気にならなくなる。


やがては苦しいとか、心臓の鼓動や自分が呼吸している事さえ
忘れるような感覚が訪れる。

"特別な瞬間"が、もう少しで。




と、そんなに都合の良い話も無いわけで、
今日はその瞬間に出会う事はできませんでしたね。

これまで10何年自転車に乗って来て、数える程しか訪れる事のないその瞬間。
また訪れる"かもしれない"その瞬間が楽しみで、自転車に乗っているのかもしれません。




…&Bicycle