2013年5月31日金曜日

SPEEDVAGEN ROAD RACER

ある日、大きな荷物が届いた。SPEEDVAGEN、自転車のフレーム。

SPEEDVAGENを語るにはvanillaそしてサシャ・ホワイト氏の事を
語らないわけにはいかない。
しかし、ここで語るにはスペースと語彙能力が足りない、、、割愛。

オーダーについては次年度分の詳細を待つしかないが、参考までに今年分の案内を。
"SPEEDVAGENオーダー2012"

さて、本題に戻ります。
大きい、といっても コンパクトにまとめている。効率的。

開けてみた。


サイズ、細部をチェックする。

オーナーは八ヶ岳CYCLO CROSSの同僚Y。女性だ。

何度がやりとりを重ねてパーツを選択した後、まずは組んでみた。
フレームの精度や前処理など、もちろん申し分無い状態だ。
気持ち良く組める。

組んでいてドキドキする。久しぶりの感覚。








前車はGIANTのカーボンバイク。からのスチールバイク。
最近はこういった方が増えてきたように感じる。

サドル高、ハンドル高などのポジションはこれから煮詰めていく。
フォークのコラムやワイヤーについてはそれを見越して調整している。

本当はお渡しする時に100%としてあげたいが、バイクが変われば
全て見直さないとならない。これからが重要な仕事だ。
ライダーの意見を吸い上げ、本人とバイクに反映させる。

こうしてSPEEDVAGENも含め、良い作り手達と出会い、
良い物に触れる機会が非常に多い事に感謝するばかりである。


…&Bicycle