スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

3月 12, 2013の投稿を表示しています

最近のお仕事

まずはホイールの組み替え。

シクロクロス用のチューブラーホイールをということで、、、

ハブはお持ち込みのカンパニョーロ

頑丈さでは評価の高いambrosioのnemesis32Hで組んでみました。
シーズンが始まる迄はロードタイヤで、とのことでChallengeのSTRADAをチョイス。
25Cのサイズが良い感じ。

続いてはCANYONのロードバイクのメンテナンス&ホイール組み。  まずホイールはというと、、、

DT350にnotubeのALPHA340。こちらも32H。今回はリム単体の重量が350g。
DTのチャンピオンの#15を使用しても、前後で1500gを少し越える重量で仕上がりました。
つまりはハブ、スポークの選択によっては1400g前半にもなるでしょう。

 タイヤは、こちらも渋くChallengeのPARIS ROUBAIXを選択。クリアランスも問題なし。
オールロードを楽しめる仕様になりましたね。

メンテナンスはワイヤー類の新調。ワイヤーアジャスターをコンポーネントに合わせて
カンパニョーロを選択。統一感が出てきます。

前後しましたが、ホイールにはENVEのクイックリリースを。
重量、固定力ともに十分なもの。

そして最後はBRONTO。アメリカのカスタムフレーム。650BのMTBです。
650Bのホイールを手組で用意し、変速は1X9で。
レース、トレイルライドにと使うようですので、
どこかで見かける機会があるかもしれません。




…&Bicycle