スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2月 19, 2013の投稿を表示しています

RAL

RALって何ジャロ?
答えは、、、カラー見本です。 正しくは、ドイツの標準色票。世界中で使用され工業デザインやインテリア等々で 使用されているもの。 右に見えるのはIFのカタログに記載のカラー。豊富に用意していますね。
知っている方もいらっしゃるかと思いますが、カタログ外のカラーも
受けてくれます。(アップチャージは発生しますが、、、)
そして出て来るのが、左に見えるRALのカラーチャート。
そんな時に、このカラーチャートが活躍してくれます。

例えばグリーン系、、、

赤、、、

トータルで210色をチェックできます。好みの色が見つかれば、
オーダー時にコードを指定すればOK。
もちろん、シートの見本とパイプに塗装したものは完全に同じ色合いになる、
というものでもありませんが、限りなくイメージに近い出来上がりになります。

IndependentFabrication、KUALISのオーダー時にはこのRALとPaint refを使って
お話を進めて行く事も。
せっかくのオーダーですから、しっかりと納得した上で作りたいですよね。

オーダー内容の1つ1つの項目が
適当だなんて言わせません。
頭と時間をフルに使って決めているのですからね。

…&Bicycle

最近のお仕事

まずはこちら。珍しいBlackbuckの29er。 シートステーが弓なりになっているのが特徴。
大きい車輪に似合わず軽快なコーナーリングが印象に残ってます。 グリップをPDWへお色直し。シティバイクにも良いですが、
こういったハードなバイクにも良く似合いますね。もちろん、
握り易さも◎。


そしてお次はこちら。お持ち込みでの作業のご依頼です。
650BのHandmade steel MTB。こちらはOregon出身。
ほんと、大小様々なブランドがありますね。
 リアディレーラーの固定部分に塗料がちょっとかかってます。

そんな時は、こちらの登場。 不要な塗料を削ってあげて、、、削り屑が少々。
スルスルと。固定も確実にできましたね。一安心。

そんでもって最後はコチラ。
バーテープの巻き直し。古いBrooksのバーテープを持ち出して
お色直しを少々。
そのままの状態では日焼けで退色が酷かったので、、、一工夫。
使用前、使用後。手の”かかり”も良くなったし見た目も良くなりましたね。
”ただ”クリームを塗るだけではダメで、クリームの種類やカラーを選ばないと
革が柔らかくなるだけだったり、とんでもない色になったり。

難しいものです。


…&Bicycle