2012年11月7日水曜日

KUALIS SS Disk CXというバイク

…&Bicycleにて取り扱っております、KUALIS CYCLES。

フレーム作りに対する姿勢、詳細についてはコチラを見てください
>>>Builder's Life

SingleSpeedかつDisk仕様。
重量については、、、計っていません。
数値上の重量だけでは解らない、走ってみて初めて解る、
自転車の、SSの面白さ。

まずは全体像から、、、

ENVEのカーボンフォークに、、、ヘッドチューブの下側は44mm。
剛性は上がるだろうと推測していましたが、全く不快なものではなく。
下りでもラインを外す事もなく。強くブレーキをかけてもバイブレーションすることなく。


フレームの方でもパイプの選択で上手にバランスを取っているのだと思いますが、
バネ感が強いわけでもなく、ガチガチという事でもなく。
自転車を前に進めるのに苦労しないですね。

良いか悪いかと聞かれたら、「とても良い」と答えると思います。

ぶっつけ本番で2日間、たった1時間しか乗っていませんので、最初の評価はこのへんで。

後はおまけ。パーツ類です。
シマノのCX75という機械式ディスクブレーキを使用しています。
パッドはメタル、レジンとありますがレジンパッドを使用。
ローター径は前後160mm。後ろは140mmでも良いですね。
驚いたのは、レバーの引きがとても軽い事。フルアウター、機械式にも関わらず。
カンチブレーキと同等。ブレーキをかけた時のタッチも「カチッ」としていて
扱いやすい。
個人的に気になるのはAVID BB7 SL。


シングル化にあたっては、好みでEBBのシステムを選択。
そうそう無いと思いますが、ホイール交換、ギヤの組み合わせを交換する時の
やりやすさを優先。ネガティブな要素としては、重量が増す事。

ちなみにギヤ比は2.11。38TX18Tを選択。軽めです。貧脚ですから。
コース、体調によってリアを17、19を選択しますが、ほとんど18で走っています。

ホイールセットは、ハブは前後ともCHRIS KING、リムはvelocityのMAJOR TOM。
タイヤはFMB。組みやすかったですし、そこそこ軽く、丈夫なホイールを作るには
このリムは非常に適していると思います。
ぼちぼちアルミのディスク用チューブラーリムとか出て来ないですかね。


最後になりましたが、非常に良いフレームを作っていただいた
ビルダーの西川氏にはとても感謝しております。

更に良いフレームを作っていただけるように、
沢山乗ってフィードバックを続けていきたいと思います。



…&Bicycle