2012年8月24日金曜日

Cafe du cycliste

7月末に紹介しましたCafe du cycliste。

私も試しておりますが、スポーツウールの着心地の良さ、
フィット感は抜群。

好評ではありましたが、春夏物のサンプル試着及び販売は
8月末で終了となります。

前回の紹介記事はコチラ↓
http://andbicycle.blogspot.jp/2012/07/cafe-du-cycliste.html


…&Bicycle


CX

一部ではサマークロスという事でスタートが切られていますが、
本格的なCXシーズン開幕まであと少し。

機材のメンテナンス、新機材の投入とテストはお済みでしょうか。

専門店、ではありませんが、…&Bicycleではツボを押さえた(つもり)で
パーツを色々揃えております。

まずはタイヤ。
Continental,Panaracer,Challenge。クリンチャータイヤ各種。




また、Challengeのチューブラーも。Grifo32、Grifo33共に1ペアずつ在庫がございます。
Grifo33を始めとする33ミリのものは問屋でも欠品しておりましたので、お早めに。
他にもしなやかな乗り心地のA.Dugastのチューブラーもございます。

そしてパンク時のエア漏れ対策に、Continentalのシーラント剤を。

PCD110用のチェーンリングガード。アウターに装着し、
インナーにチェーンウォッチャー を装備する事で、
まさかのチェーン落ちも回避。


と、ブレーキシュー。
ノーマルタイプ、シビアコンディションタイプ、ロード用のブレーキシューが
使用できるタイプ(※)と様々。
※カーボンリム用のブレーキシューが使用できるということです。

最後に、チェーン。ブレーキシューと合わせ、これまでメンテナンス、
パンク修理等で持ち込まれてきた車体の殆ど、と言っていいくらい交換しています。
(一般車、クロスバイク、ロードバイク問わず)
タイヤ、チューブなどに気を取られ忘れがちな部分ですが、
どちらもスピードコントロールと変速に関わる大事な部分。



機材が終わったら、装いも。アメリカのCXの今を細かく紹介している
embrocation magazineのオリジナルソックス。
白、ネイビー、S,M,L各種あります。
ピン!と伸ばして履くよりも、少し弛ませるのが宜しいかと。

機材、ウェアを一新し、シーズンに臨みましょう。

…&Bicycle