スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

8月 2, 2012の投稿を表示しています

店長人柱シリーズ、とでも名付けましょうか、、、
Fizikのサドル、新シリーズKurveのBullです。

私自身は柔らかいのですが、メーカーの設定では柔軟性に欠ける人向けの
Bullをテスト。単に形状が好きだから。


Oh!SEXY!!な曲線と思いませんか?

さて、通勤と週末のライドで試した感触を。
意外や意外、すんなりと身体に馴染みます。良いフィット感。
レールはアルミ素材なので、振動吸収を言うレベルには無いはず。
ベースが無い分、サドルが良く撓っているのかと思います。

身体の納まりも良く、トルクをかけても問題無し。足の移動もスムーズに
行う事ができます。

ただ、革サドルのフィット感を持つというのとは、ちょっと違いますね。



Brooksを始めとする革サドルの多くは、使い込むにつれてライダーの
体型に馴染んでくるもの。表現すると、ハンモックに乗っている様な感触。
kurveの場合は、、、表現が難しい。ハンモックでは無いもうちょっと硬い何か(笑)
このシリーズは、ライダーを選ばない確率が高いと思います。

サドルのテンション調整に、小物が2種類(ハード、ソフト)付属します。
Brooksのような感触を味わいたい場合はソフト、それ以外はハードをお奨めします。

選ぶ際に柔軟性云々というコメントはありますが、好きな形状を選べば良いかと。


KurveのBullであれば、私の使っている物をお試しいただけます。

…&Bicycle