スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

7月 26, 2012の投稿を表示しています

Retroshift

付けていただくほどお客さんもまだ居ない…&Bicycle。

何でもかんでも自分で試してみます。

ということでRetroshift!!

手持ちのフリクション型のWレバーを使いました。
シフトユニットが無いので、重量はデュラエースよりも軽くなってます。
メーカーの推奨ではシマノのWレバー、バーコン(9、10S)が使えるようですが、
私のように推奨外のものも使えます。試してみて付けばOK!
リヤをロー側に引いた所。この位置に引くのは、少しコツが要りますね。
ブラケットを上から掴んで人差し指で押し込むか、レバーの位置によっては
親指で引き上げる感じ。
人差し指と親指の使い方次第で如何様にも変速できます。
引きそのものは軽いので、力はそれほど要らないかと。

アウターの取り回し。ブラケットは1世代?前のカンパニョーロに似てるかな。

フロントから。NITTOのB135との相性も良いですね。


ブラケットの形状が嫌いでなければ、良い機材だと思います。
重量も軽く、変速も軽い。価格もWレバー(又はバーコン)と合わせても
2万円前後。普通のSTIでは3万円〜といったところでしょう。

個人的には、ブレーキレバーが内側に動かない事がポイントだと思います。

本来はCX用に開発されたものですが、ロード、ヒルクライムにも対応できるでしょう。

デメリットはブレーキレバーにシフトレバーが付くので、ブレーキレバー全体を
握りたい方には、少々違和感があるかも。


実物ありますので、一度触れてみてください。

…&Bicycle