2012年6月11日月曜日

mountain flyer入荷

周囲の方には洋服屋さん、また別の面ではCX専門と思われているフシが
ありますが、、、

"普通のMTB好きな自転車乗りが営む街の自転車屋です"

南房総は5月頃〜10月前半まではオフに入ってしまいますが、
トレイルに行くのが待ち遠しくて仕方がないです。
ちょっとした裏の里山なんかを走るだけでも、他に例える物が
ないくらいの爽快感。
感じる部分は人それぞれだろうけど。
朝一番のひんやりとした空気だったり、それに混じる、
不快でないほんの少しの湿り気。朝露。
タイヤが路面を捉える音、チェーンとスプロケットの接触による金属音。
流れていく風景、自分の息づかいと鼓動。血液が流れ、上昇する体温。
その時のコンディションで走れるのは一度きり。次に走る時は全く別の
表情を見せる。その一度きりの機会、つまり毎回、ほんの一瞬でも気を抜かない。

と、いうことでそんな気持ちを落ち着かせるために
最適な雑誌が入荷しました。

mountain flyer(¥1,050-)の最新刊。

通常、海外発送していないものですが、この度"SimWorks"様により
日本でも購入可能となりました。これはとても素晴らしい事だと思います。




素晴らしいトレイルの数々。
これまでの自分の経験の引き出しを全て開けて、「きっとこうなんだろうなぁ」と、
想像を膨らませる。行って、走ってみたい。必ず。実現させよう。
という思いと同時に、日本でも劣らないトレイルは沢山あるし、
紹介していきたい。

…&Bicycle