スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

5月 19, 2012の投稿を表示しています

欠かせない

ボトルだけあっても。ケージだけあっても。 両方存在して始めて成り立つボトルとケージ。 CAMELBAK、SYKES WOOD FENDERS、KING CAGE。

友人店舗では既出ですが。…&BicycleでもCAMELBAK入荷しています。
30本くらい。あれ?こんなに頼んだっけ。

保冷効果は他ブランドと同等の2〜3時間。大違いなのは、ボトル自体が
柔らかく、握りやすい。ということは!中身が出やすい。
と、飲み口も一工夫。飲みやすい漏れにくい。と今出ているボトルの中では
上位のうちの1つだと思います。

と、挿す物も一緒にご紹介。

sykes wood fendersのボトルケージ。説明の必要は、、、まだありますよね。

オレゴン州はポートランドの木工職人Paul Sykes氏によるハンドメイド。
ウッドフェンダーを使ってみましたが、強度や雨天使用も問題ありません。
「素材、作り手の温もり」を感じさせるパーツを貴方の自転車に
取り入れてみてはいかがでしょう。


こちらはステンレスとチタンを自在に操る職人、KingおじさんのKing Cage。
定番の形状のこちらと、、、

女性的な?柔らかいラインが特徴的な"iris"。

NAHBS2012で実演しているのを見ましたが、ヒョイヒョイとあっと言う間に
作りあげてしまうんです。で、このカーブ。
どちらも¥2,100-

と、King Cageからもう1点。
cargo bag behold cage。は既にありますが、MTB用ということで一回り
大きなタイプが出ています。
ジャージのポケットに携帯、財布、デジカメ、補給食、、、とパンパンに
なってしまう人におすすめ。


こんな具合に、フレーム、behold cage 、にボトルケージが更に付くという。
親亀の背中に子亀を乗せてその背中に孫亀、、、

容量はこんな感じ。ちなみに未だ入る余裕あります。
お値段は¥4,410-



…&Bicycle
中の人