スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

5月 11, 2012の投稿を表示しています

握る

自転車と自分を繋ぎとめる部分は?ペダル、サドル、そしてグリップ。

それを握る手の骨は手根骨・中手骨・手指骨の3群に分けられてそれが両手で
幾つの骨がムニャムニャ、、、

簡単に言うと、筋、筋肉、血管、神経が細かく巡っているという。
ちょっとした違いが大きな違いに感じるし、
自転車以上に拘る人が多い部分でもあると思います。

イギリスのcafe&workshopのlook mum no hands!から素敵な
レザーのグリップが入荷しました。


今回はこの3種。幅は145mm。プロムナードバーなどに合わせると
素敵だと思います。

ブラウン×ベージュ。エイジングを楽しむなら、絶対これでしょう。



ブラック×ピンク。ちょっと可愛らしく。



レッド×ブラック。coolにまとめるなら。
お値段は¥4,800-です。




この他にもPortlandDesignWorksから各種。

レザータイプ。個人的にはエルゴデザインのものがおすすめですが、
総じてPDWのレザーものは握り心地が良く、手に伝わる感触が優しく感じます。


左の2点は、竹!!!こちらも優しい感触です。

そしてド定番のこちら。今なら各色あります。
いずれもLockonグリップなので、確実に装着でき、外すのも容易です。

ちなみにレザータイプのナチュラルは、こんな感じで色が変化します。
もっと濃くなると思います。

合わせるならこんな感じのハンドルを。


、、、相変わらず写真がイマイチ。もっと勉強します。


他にもBrooksの革のレザーバーテープ、レザーグリップ、コルクグリップなど
豊富に揃えています。
ホイール周り、サドルなどと同じく、ハンドル周りをリフレッシュすると
印象も大きく違ってみえます。


ゴムや化繊もののグリップ、バーテープは封を開けた時が旬のような。 レザーもの、PDWの竹などは使い込んだ分だけ、自分"だけ"のものに なっていくような気がします。自転車自体も、また然り。 使う用途を考えて、それぞれに適したもの、自分の好みのものを 使い分けてみてはいかがでしょうか。
…&Bicycle 中の人