2012年4月25日水曜日

出来る事の1つ 電脳化

アメリカのオーダーフレームの雄、"Independent Fabrication" カッコいいですよね。

という事で、SS大好き、650B大好きな独自路線を進むかと思いきや、
定番?もやります。

ジャン!博士!IfのPlanet-Xの電脳化に成功しましたぁっ!!
って大げさですね。アルテグラのDi2を組み込みました。


使用感は追々、報告します。
ケーブルの取り回しはもっとセンス良くしないといけません。
とりあえず組みました、の状態。もっと勉強します。


さて、敷居が高そうに見える、Ifのオーダーシステムも、実は日本語を使ってやりとり
できるって知っていますか?
ありがたい事に、弊店も取り扱う事ができるんです。千葉で唯一。

ライダーのサイズ、バイクのサイズは勿論、走り方、距離、好み等々
細かく記載されたヒアリングシートに記入します。
ヒアリングシートを提出し、先方からの回答を確認する。このやり取りを
数回繰り返し、納得がいった上でサインしていただきます。

最終的にフレームが完成するのは、長くて半年前後ですが、
よほどの事が無い限りはそれより短くて済みます。

私自身はスチール好きなので、一押しは"steel crown jewel"のフォークもスチール。
古いカタログもありますので、オーダーについて話を聞いてみたい方は
ご来店を手ぐすね引いてお待ちしています。

…&Bicycle
中の人

中の人の紹介

市川のこの場所に、突如現れた自転車店「…&Bicycle」、
twitterやFacebookのお陰で随分(それでも、まだ足りない)
名前だけは知られたのかな?と思います。

但し、、、

私の数少ない友人を除けば、「誰?」状態だと思います。
なので、簡単に自己紹介を。ダラダラと長文が続きます。

元々は一般の会社に勤めていたサラリーマンです。
そう、自転車が好きでたまらなくてお店を始めました。

MTBを始め、ROADを始め、シングルスピード(以下SS)にハマり、
CycloCrossにハマり、、、器用貧乏というのか、何でもやります。

馴染みのショップに足繁く通い、何となく競技として取り組んだ時期も
ありましたが、何か違うなと思い。
MTBのトレイルライドが面白くなり、ひょんな事から南房総で
ツアーを主催している団体のツーリングのガイドを手伝うようになり。
アメリカの雑誌で見かけた、SSの記事を見、真似して
始めたらこれが大ハマり!
王滝でMTB、CycloCrossをSSに組んで完走し、シフトやサスペンションから
解放される事がこんなに面白いのか!と、それからは完全に独自路線。

仲間と出ていた24Hレースにソロ、SSで完走してみたり、各地のシクロクロスに
SSで出てもう少しでC2を逃したり(器用貧乏炸裂)
流行の兆し?MTBの650Bは、何となく面白いかなと機材を選択し、
乗り始めて4年目に入ります。

で、何が言いたいのかというと、自分の過去を振り返ると
何となくとか面白そうとか。ちょっとずつ自分の出来る事を
増やし、広げてきたんですよね。それはこの先も変わらないと思います。
まさか、自分がお店を開く事になると考えてもいなかったし。

自分のお店の方針等は色々とありますが、自転車を上手に扱える、
綺麗に乗れる、かつお洒落でカッコいい(機材もウェアも)。
全部成り立たせる必要はないんですが、1つでも持ち合わせている
人が増えれば良いなと思います。
あともう1つ。「たかが自転車、されど自転車」の精神が解ってくれる
人が増えるといいなということ。

今、そして今後もずっと続けて行くつもりなのは、サイクルウェアブランド、
"Rapha"のコンチネンタルライド日本版のライダー、同じくRaphaの関東方面での
アンバサダー。イベント時のサポート。南房総でのツーリングイベントのサポート。

えー、自己紹介になったですかね。全部説明しきれないのですが、
また折りをみて、色々と書いていきたいと思います。

…&Bicycle
中の人