2017年1月21日土曜日

サイクルスポーツに掲載の巻。

1/20発売のサイクルスポーツ3月号にて
オススメのパーツやカラーコーディネートのヒントについて
コメントしております。

また、最近お渡しした自転車の画像をFlickrに追加しました。

"My work"(新しいウィンドウが開きます)

過去のものも含めて参考にしていただけますと幸いです。

...&Bicycle

2017年1月20日金曜日

NEW BIKE DAY "SURLY DISC TRUCKER編"

今回はこちら。
 SURLY DISC TRUCKER。ツーリング用途に人気のあるモデルですね。
ショッピングや週末のサイクリングに使用するということで、前かご、
後ろはラックをご用意。
不意の買い物による荷物も安心して運ぶことができます。


 クランクセットはSLXを採用しています。
 フロントシングルといえばWhiteIndustriesや5アームクランクにナローワイドリングを
選ぶところですが、費用面、もちろん機能も含めこのクランクセットがオススメです。
 アクセサリーはPDWのラック、グリップにGAMOHを。



スタンドはダブルレッグと当店では定番の選択です。

今回はSURLYをベースにアレコレと手を加えましたが、
お手持ちの車両や5〜7万円くらいのクロスバイクをベース車両として
お好みの仕様に仕上げるのが良いでしょう。


...&Bicycle

2017年1月17日火曜日

新着情報2017.1.17

一つ残念なお知らせから。
EMPIRE VR90の新カラーは2月下旬の入荷に延期となりまして、、、申し訳ない!

ブルーカラーは在庫ありですので、お問い合わせお待ちしております。

続いては吉報です。
 今週末入荷予定だったKASK KOO サングラスが入荷しましたっ。
合わせやすいBLK X BLK(ミラー、クリアーレンズ付属)に
 BLK X L.BLUE(ミラー、クリアーレンズ付属)が入荷です。
 ユニークなのは収納方法。このように縦方向に動かして
 このような感じに。

 レンズの交換はフレーム脇の小物をスライドして
 このように動かし、ノーズ部分を外すだけという簡単なもの。
 ハードケース、ソフトケースも付属します。

かけてみた感じですと、視界は上下左右方向共に十分に確保。
ZEISSレンズは視界の歪みも無く路面の状態も把握しやすくなっています。

フレーム下端が僅かに頬骨に触れますが、使用を重ねて行くうちに
慣れる程度のもの。どうしてもという場合はノーズパッドのカスタムを
行うメガネ屋さんがありますので、そちらを訪れてみてはいかがでしょう。

...&Bicycle

2017年1月16日月曜日

入荷予定のお知らせ

GIRO EMPIRE VR90 2017カラーが今週末1/21頃。
シューレースによる調整のしやすさ、ビブラムソールによる濡れた路面や悪路での
確実なグリップは使い始めると病みつきになります。

そしていよいよKASKのサングラスQOO OPENも同様に1/21頃の入荷です。
まずは使いやすいブラックXブラック。
 ブラックXライトブルーが。

 ハードケース、クリアーレンズが付属します。

 
Rapha Focusの選手だけでなく、ロードレースのプロツアーを走る選手の
着用率も上昇中。入荷が楽しみです。

尚、本日は閉店時間を19時に変更します。

...&Bicycle

2017年1月14日土曜日

最近のお仕事〜オーバーホール編〜

今回は此方。
 Cielo CrossClassic。綺麗に整いました。

...&BicycleCC所属ナタリー選手の1台。CXを始めて3シーズン目に入り
中堅どころ。
機材に手を加えたくなるお年頃か。

今回はシーズンの合間を縫って、オーバーホールの依頼。
 草臥れてきたRDはゴニョゴニョして差し上げ、もう少し頑張って
いただきます。

 今回はフロントシングル化。
アウター46は不要、リアカセットを変更する事で様々なコースにも
容易に対応できますね。
シングル化に伴い、ダウンチューブシフターボスに専用のカバーを取り付け。
担ぎの際にウェアが引っかかることもなく、便利なものの一つ。

さて、ここまでは簡単に済んだように思えますが、、、
 
スチール素材、フレーム内部、フォークコラムなど色々と配慮する必要があります。
今回はBB交換、ハブのバラシ清掃、グリスアップ、ホイールの振れ取り、STIバラし、
ペダルのベアリング交換とほぼフルコースと相成りました。

乗り続けていくとどうしても性能の低下に気がつきにくいもの。
1年毎、シーズン前後、悪天候下を走った後など定期的なメンテナンスは
必ず行うようにお勧めします。

...Bicycle

新着情報

早いもので1月もすでに14日が経過。

この時期、シクロクロスの話ばかりになりますが、シクロクロス向けのタイヤが
入荷してきております。

Challenge TU GRIFO TEAM EDITION Soft 30C
新作のSoftタイプに30C幅が登場。後輪に装備するのがお勧めです。

Panaracer by sim worksからはHOMMAGEシリーズ。
Panaracerの名作Mach SSのパターンを踏襲し、現行のコンパウンド、ケーシングを
採用したモデル。
センターはセミスリックで走りが軽く、適度に間隔の空いたサイドノブは
コーナーでのかかりも良く、
先日開催された千葉シクロクロス、22日に開催される前橋シクロクロスのコースに
合わせると良いでしょう。

そしてClementからも。
連続して配置された低いノブによって安定したトラクションを稼ぎ、
様々な路面にも対応できます。

HOMMAGEは43C、CLEMENT36Cと幅広のモデルになりますが、
ほんの僅かな重量増と引き換えに得られる豊富なエアボリュームは
グリップ向上、パンクのリスクも下がると良いことの方が多いです。

UCI、C1、CL1などの33mm幅を使わねばならない、
というクラスは別としてC4、C3など多くの方々はこの規則を外れても
構わないのは取り上げられる事がないのが不思議な所。

33mmの制約を外れるだけでタイヤの選択肢も広くなり、成績upも
見込めるので大変お勧めです。

と、リムも紹介しておきましょう。
 MAVICの定番REFLEX 32H、制動力を向上させたリムサイドがセラミック加工されたもの。
TUリムは他社製品も増えてきましたが、やはりREFLEXというユーザーも
多くいらっしゃいます。

Stan's NOTUBES からはTLレディ&ディスク向けのモデルが2点。
IRON CROSS 28H。重量375gほど、TLタイヤとの組み合わせで
大変軽量なホイールを用意する事ができます。
HOMMAGEが装備して居たALPHA400。重量は420gほどとIRON CROSSに
劣りますが、CXレースだけでなくトレイルにも入り、丈夫かつ軽量な
ホイールを用意したいのであれば、こちらが良いでしょう。
もちろん、ディスクロードに用いても良いでしょう。

...&Bicycle




2017年1月10日火曜日

シクロクロス千葉 #1

2017年、シクロクロス初戦は何と何と千葉。
千葉ポートタワーのそびえ立つ公園内にて開催。

今回は実行委員の一人として、コース監修を担当させていただきました。
 
 エキシビジョンで良いので、ナイトレースを開催しても良さそうですね。

さて当日。我が...&BicycleCCの面々はといえば。
赤松選手の優勝を始めとして
 成田、太田原選手は 砂浜に手を焼きながらも果敢な走りを披露し、
 新メンバーの大塚選手(L2)もしっかり完走。

参加者の皆様もパワー、スキル両面のバランスが必要なコースを楽しんで
いただけたようです。

初めてお借りする公園という事もあり、ショートコースになりましたが、
今後も実績を重ね、少しずつ拡張できたらなぁと目論んでおります。


さて、シクロクロスといえば泥、砂をはじめとする様々な悪条件下で走ります。
洗車場を用意している会場もあり、その場で綺麗にする事ができます。
ですが、実際はそんなに簡単に済むものではありません。
 フレーム内部の確認、清掃を忘れずに。

綺麗に洗ったはずのチェーンも
まだこんなに砂が残っている事もあります。

週末ごとにレースが続きますが、合間を縫ってメンテナンスにお持ち込みください。
作業内容にもよりますが、2〜3営業日でお渡しします。
清掃のみであれば3,000円〜。メンテナンスが必要な場合は5,000円〜承っております。


...&Bicycle